日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

ズベレフ 海外男子トップ選手

ズベレフ弟がネックレスじゃらじゃらな理由!ファッションに注目!

2018年11月18日、ロンドンで行われたATPワールドツアー・ファイナルズで、ドイツ出身のアレクサンダー・ズベレフ選手がノバク・ジョコビッチを下して優勝しましたのが記憶に鮮明なのは私だけではないでしょう!

筆者は弟のアレクサンダー選手はイケメンだなぁと思っていましたがプレイヤーとしてはどうなんだろうか、と思っていたら、
2018年にジョコビッチ選手に勝ってあっさり優勝したり、2017年にも南フランス・オープンで優勝したりと実力もある選手で非の打ち所が無い選手で新たな時代が来たな、と男子テニスが面白くなってきています。

しかし、気になるのがアレクサンダー選手は試合中もネックレスを外さないそうです。これはなぜなんでしょうか?

当記事では、アレクサンダー・ズベレフ選手のネックレスやファッション等も少し調べていきますのでシェアしていきます。

ズベレフ、チチパスのBIG2の時代に入れ替わるのら!

ズベレフ弟がネックレスじゃらじゃらな理由

ズベレフ弟がネックレスじゃらじゃらだと、時々批判がネットを騒がすことがあります。

調べるとアレクサンダー・ズベレフ選手は小さい頃からネックレスを外したことがないというインタビューが出てきました。
これはなぜなんでしょうか?

ズベレフ、ネックレスについて「小さいころからこのチェーンを持っていて、外したことがない。僕にとっては意味のあることなんだ、だから身につけている」

出典:Twitter

本人もこのように言っています。
なぜ外したことがないのでしょうか?
試合中、このネックレスを咥えることもあるようです。
もしかしたら、勝つためのおまじないのようなものなのでしょうか?
詳しいことは調べた限り出てきませんでしたので、理由は不明です。
しかし、気になりますねぇ。

ブランドを調べたけどやっぱり分からん。小さい頃大切な人にもらってずっと大事にしてきたんだろうなあ

ズベレフのファッションに注目

アレクサンダー選手の腕時計とヘアバンドはネットでもかなり有名みたいですね?
腕時計はスイスの高級ブランド「リシャール・ミル」です。
ブランドがわからない方もいらっしゃるかと思います(汗)
筆者もですよ。

2001年に創業したリシャールミルは、「腕時計のF1」をコンセプトに掲げ精巧な時計をラインナップするスイスの高級ブランドです。

まだ創業して16年ながら今や「成功者の時計」と言われるトップブランドと言われています。
成功者の時計ってすごいですね。

ズベレフ選手が付けている時計はだいたい
8000万弱します。
値段の桁がらおかしいですね(汗)
そりゃ、成功者の時計と言われますね。

さらにヘアバンドが特徴的ですが、1970年代の雰囲気をかもし出すアレクサンダー選手。
「アディダス・オリジナルス」のウエアは洗練された縦じまで、襟回りのデザインも凝っていますね。
ヘアバンドのデザインもマッチしています。
意識しながらこの着こなしをしているのでしょうか?
似合ってて凄いかっこいいですねぇ。
これは2017年の情報なので今でもこのスタイルをしているかは分かりませでした。
しかし、続けて言って欲しいと思ってしまいます。
かっこいいので。

ズベレフのネックレスへのみんなの反応

みんなの感想

ジャラジャラネックレスなんて試合見てたら気にならないよ

ネットの反応

ネックレスを噛む仕草、かっこいい

みんなの感想

ジャラジャラネックレス邪魔じゃないかな?

ネットの反応

ズベレフくんもネックレス食べる人…

みんなの感想

ネックレス食べてるなぁ

ネットの反応

邪魔じゃないのかなネックレス

出典:Twitter

ネックレスに対して賛否両論ありますね。
スポーツ選手としてはネックレスは外した方がいいかもしれません。
しかし、彼は何か思いがあって付けている可能性はあります。
なので、彼自身の気持ちを尊重する意味でも応援したいと個人的に思います。

まとめ

いかがでしょうか?
アレクサンダー選手はネックレスを外したことないですが、それには必勝を願う思いが込められているかもしれませんね。
また、時計も成功者としての気持ちを持つための願掛けかもしれないですね。
ヘッドバンドは外して欲しくないです。

ネックレスに込められた思いを筆者は少し気になってます。
これからもアレクサンダー選手には頑張って欲しいです。

ヘアバンドはスポンサーとの契約条件とかもありそう

-ズベレフ, 海外男子トップ選手

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.