男子テニス

ズベレフのラケット破壊動画は?なぜそこまで乱れたのか?

2月22日、ATP500「メキシコ・オープンのダブルス1回戦で、世界ランク3位のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が、敗戦後、主審に向かっていき、ラケットで審判台を何度となく殴り、さらに、一度ベンチに座ってから、再度立ち上がって、審判台をラケットで殴るなどの暴挙に出ました。
このダブルスの試合終了時にスポーツマンシップに反する行為をしたためとして、シングルスでの試合出場が取りやめになりました。

ズベレフのラケット破壊動画を集めました。今回なぜそこまで乱れたのか?原因も推測しました。

一向に成長がないのう!

ズベレフのラケット破壊動画は?

今回の事件の動画は以下です。

その他これまであったラケット破壊シーンの動画を集めました。

Frustrated Alexander Zverev destroys his racket against Shapovalov | Why Zverev break his racket ?(2022/01全豪OP4回戦)

Zverev Broken Racket - Medvedev vs Zverev(2021/11)

アレクサンダー・ズベレフは、Instagramでの自分の振る舞いについて謝罪しました。

もったいなくてラケット破壊なんかとてもできないわ!

ズベレフのラケット破壊は何があった?

その事情について、以下のツイッターがコメントしています。

事前に大きな事件があったに違いないと思うかもしれません。
しかし、違います、ズベレフはボールがアウトオブバウンズであるのを見ただけで、審判は見ませんでした。それだけのことです。

ボールがインラインかどうかの判定でたびたび不満を漏らしていたようです。

ズベレフの経歴

アレクサンダー・"サーシャ"・ズベレフAlexander Zverevは、1997年4月20日ドイツ・ハンブルク出身の24歳
ATPツアーでシングルス19勝、ダブルス2勝を挙げている。現在のランキングはシングルス3位。東京オリンピックの金メダリストでもあります。
198cmの身長から放たれるサーブは220 km/hにも到達する非常に強力なものですが、それ以上にスタッツではリターンの方が優れているという特長を持っています。
以前から、苛立つとラケットを破壊し、そのまま敗戦する姿がしばしば見られるので、知られています。

ズベレフはなぜそこまで乱れたのか?

ランク5位のラケット破壊王

ラケットを破壊して怒りを発散させるのはズベレフにとって、珍しいことではありません。
2018年12月当時ズベレフは21歳でしたが、アメリカのテニス専門チャンネルが運営するサイト「BASELINE」が独自の選定基準で紹介している破壊王トップ5にランクインしています。

ラケット破壊ランキング
1位:ブノワ・ペール(フランス) 男子シングルス世界52位
2位:カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 女子シングルス世界8位
3位:ソラナ・シルステア(ルーマニア) 女子シングルス世界84位
4位:バセック・ポスピショル(カナダ) 男子シングルス世界70位
5位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 男子シングルス世界4位

また、私生活でも、昨年10月には、ATPからズベレフが元恋人に対して行ったという暴力疑惑について調査中だと発表されました。

調子が下降気味

最近調子が下降気味で、フラストレーションが溜まっていた。
2021年は、アカプルコ、マドリード、東京オリンピックと優勝を重ね、ATPファイナルズでは準決勝でジョコビッチを下し、決勝ではメドベージェフをストレートで破り、3年ぶりの大会優勝を果たしました。
さらに、昨年後半のハードコートシーズンから好調を維持して、シーズン最多優勝(6回)を記録していました。
ラケットを破壊する場面も減っており、ズベレフもメンタルの成長があったと評する向きもありました。

しかし優勝候補で、ランク1位の可能性もありとされていた、1月の全豪オープン4回戦で、第14シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)にストレート負し、敗退となりました。
この試合中にはラケットをコートに何度も叩きつけて破壊する様子も見られました。

勝利したものの1回戦の、世界ランク75位のM・ギロン(アメリカ)に逆転で勝った試合でも、ラケットを破壊する場面がありました。

4回戦敗退後、ズベレフ自身も、大会全般を通して、満足行くプレーが出来なかった、4回戦は最低の試合だったと話しており、好調の波の終焉かと思われてた後の今回の大会でした。

不調で、元の破壊王に戻るなら、メンタルの成長はまだまだ、というところでしょうか。

ズベレフのインスタグラムには、試合後、反省の言が見られますが。
「言葉にできないくらい自分がした事に反省してる。個人的に主審には謝罪済ではあるが許されることでは無い。自分自身に失望してる。ファン、大会関係者、テニス自体に失望させてしまった。二度とこのような事は起こさない。申し訳ない。」

謝ってももう遅すぎる!

ズベレフのラケット破壊に世界の反応は?

みんなの感想

彼をほとんど知らないひとがこれをしている彼を見てください。さらに、彼の元彼女が経験したに違いない虐待について想像してみてください。人々がまだこの後に彼が虐待する人ではないと信じることはありえません。
こいつにテニスをする資格はない。

ネットの反応

しばらくの間、テニスの試合でサシャ・ズベレフがこんなプレーするのを見ていなかったように思います。この振る舞いはツアーでは許されません。これまでにこのようなものを見たことがない…多分今までに。

みんなの感想

競技アスリートにとっては、これは大きな問題です。1ミリメートル/1ミリ秒などpp.の話です。ズベレフの敗戦処理にもともと問題があるんです。

ネットの反応

コートにはホークアイはありませんでした。結果として、それを明確に証明することはできません。それは間違いなく非常にタイトでした、両方であった可能性があります。

みんなの感想

子供の頃に、おまるにうんちをしたとして、誰が拍手喝采しますか。

出典:ヤフコメ

試合を楽しませてほしい!いやな気分にしないで!

まとめ

要約すると...

  • ズベレフのラケット破壊動画を3本を掲載した
  • 今年になって、調子が下降気味でフラストレーションが溜まっていたのと、24歳になってもメンタルの成長がないのが原因と推測
  • 厳しいコメントが多いなか、数ミリでラインに入るかどうかは競技者には大問題、ホークアイがないコートだから問題が起こったとの指摘がある
これでランキング上位陥落とは!

-男子テニス

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.