ボクシング

クロフォードvsスペンスはいつ?予想とPFP比較

2022年もまもなく9月。早いもので残り4か月となった中、世界のボクシング界では年末に向け、ファン垂涎のビッグマッチ実現が期待されるところです。

その一つがウェルター級の「世紀の頂上決戦」テレンス・クロフォード選手とエロール・スペンスJr選手の1戦。

世界から渇望されながらなかなか実現してこなかった「クロフォードvsスペンス」の無敗PFP対決はいつなのか。両雄が戦えば果たしてどっちが勝つのか。データを比較し予想してみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

海外報道や記者のツイートでは「決定間近」って声もよく聞くけど…本当はどうなの?

クロフォードvsスペンスはいつ?10月or11月説も

「レナード vs ハーンズ」「アリ vs フォアマン」「メイウェザーJr vs パッキャオ」…。長いボクシング史ではこれまで数々〝世紀の1戦〟と呼ばれるスーパースター同士の名試合が行われてきましたが、令和(基、21世紀)におけるその一つが「クロフォードvsスペンス」だと言えましょう。

世界3階級制覇王者で史上3人目の主要4団体統一王者でもあるクロフォード選手(現WBO世界ウェルター級王者)と、現在、ウェルター級でWBO以外の3つの王座を持つスペンス選手。長らくPFPトップランカー同士であり「雌雄決戦」が望まれながら「いつになるのか?」となかなか実現しなかったこの二人の試合が、今まさに近づいていると噂されています。

同じ米国人で屈指の人気大物ボクサー同士。文字通りドラマのワンシーンになるよな!

クロフォードFAで一気に現実味!

ともに世界王者になって久しく、既にベテランの域にある二人。早くから両者の対戦が期待され本人たちも希望を口にしていたものの、プロモーターの違いなどから実現してきませんでした。

しかし昨年、クロフォード選手がプロモーターと契約解消してFAになったことで一気に可能性が上昇。両陣営が水面下で交渉に入ったともされ、海外のボクシングメディアでは最近以下のような報道が流れました。

・二人の王者は、10月にラスベガスで開催されるウェルター級王座戦の契約に近づいていると、情報筋はESPNに語った。

・統一戦の契約は完了に近づいており、11月12日または11月19日にラスベガスで開催される予定であると、複数の情報源がFight Freaks Uniteに語った。

https://twitter.com/BOXRAW/status/1556901707032018944

両王者とも統一戦には非常に前向きという報道もあり、条件が整えば近く正式発表もあり得るとの見方もファンの間では出ているようです。ではもしこの「スーパーメガファイト」が実現すればどっちが強いのか、スペックなどを比較するとともに、専門家の見方も交えて予想してみました。

クロフォードvsスペンスの予想

「で、発表はいつなの?」と世界中のファンがやきもき見守るクロフォードvsスペンスのメガマッチ。以下、両王者のデータを比較しつつ「大胆勝敗予想」もご紹介していきましょう。

年齢・戦績比較

【クロフォード】

・ネブラスカ州出身の34歳。スイッチヒッター。

・戦績38勝(29KO)無敗

詳しくはこちら。

クロフォード(ボクシング)の戦績と動画!スペンスとはいつ?

【スペンス】

・ニューヨーク州出身の32歳。サウスポー。

・戦績28勝(22KO)無敗

詳しくはこちら。

エロール・スペンス・ジュニアの戦績一覧と強さ!事故から生還と次戦展望

KO率比較

【クロフォード】

・KO率 … 78.5%

【スペンス】

・KO率 … 76.3%

スペンスさん、九死に一生の大交通事故の影響が心配だったけど、前戦を見る限り大丈夫そうかな

同じ対戦相手との試合内容比較

強さの目安として、この二人の戦績のうち共通に戦った相手との結果を比較してみましょう。

◆対ショーン・ポーター選手

・クロフォード選手は昨年11月に対戦、10RにTKO勝利

・スペンス選手は19年に対戦、2-1のSD判定で勝利

◆対ケル・ブルック選手

・クロフォード選手は20年に対戦、10RKO勝利

・スペンス選手は17年に対戦、11RKO勝利

PFP比較

【クロフォード】

・最新全体PFP … リング誌3位、ESPN1位、ボクシングシーン4位、WBN6位、DAZN2位

【スペンス】

・最新全体PFP … リング誌4位、ESPN3位、ボクシングシーン3位、WBN4位、DAZN5位

スタイル的にはやや違うけど、うーん、これらの数字みればやっぱりパワーや強さ、決定力は二人共飛び抜けてるし、甲乙つけ難いな~

筆者予想

クロフォード選手はライト級からキャリアをスタートしこれまで3階級を無敗のまま制覇。極めて身体能力が高くオーソドックスでもサウスポーでも戦え、フットワークも俊敏なアウトボクサータイプです。

基本的には遠い間合いから相手を削り、試合後半にKOしてしまう展開が多いといえます。

一方スペンス選手は圧倒的なパワーと強靭なフィジカルを生かしてぐいぐい前進する好戦的なファイトスタイル

ガードの上からでも相手を怪我させるほど、「超ウェルター級」なパワーの持ち主です。

予想は大変難しいところですが、まずは「パワフルサウスポー」のスペンス選手に対し、両利きのクロフォード選手がどういう形と間合いで対峙するかが鍵でしょうか。

パワー勝負になるとフレームが大きいスペンス選手有利。クロフォード選手としては得意のスピードと足でかき回しポイントをしっかり取る戦いが必須となりそうです。

筆者は「打ち合いならスペンス、技術勝負ならクロフォード」のいずれも判定勝利を予想します。

クロフォードvsスペンスの予想まとめ

「いつあるの?」か期待高まるクロフォードvsスペンス。ではプロボクサーやファンはどう予想しているのか最後にご紹介しましょう。

◆細川バレンタイン(元日本Sライト級王者)

・間違いなく勝った方がPFP1位になるだろう。

・一言で表せばクロフォードは俊敏、スペンスはパワフル

・スペンスは極めて珍しい「サウスポーのファイター」

・ポーター戦ではクロフォードは圧力強い相手に前半苦戦した。スペンスはその上をいくフィジカル。

・相性的にスペンスが有利で、判定勝利するのでは。

◆長濱陸(元OPBF東洋太平洋ウェルター級王者)

・スペンスはパワーだけでなくカウンターをかいくぐる技と冷静さがある。

・クロフォードは動きが素早くジャブも強くてうまい

・ただクロフォードは打たれ弱い。スペンスのパンチをまともに受けたら耐えられないだろう。

・でもカウンターが抜群にうまいクロフォードが試合を制し、最後は判定勝ちすると予想。

◆SNSの声

クロフォードの判定勝ちと見ます。スペンスがどんな復活劇を魅せようと盛りを過ぎてる疑いは消せません。一方クロフォードは身体も柔軟で攻防テクの幅も広いので
スペンスが勝った方がもりあがる。だから、スペンスが勝つと思う
クロフォード派だけど、ウガス戦でのスペンスのフィジカルとスタミナを見て、また少しわからなくなったと言うか、迷いが生じている
クロフォードだと思う。スペンスは相手が右構えの時一発で決める以外ない

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11263062606

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 世紀の四団体ウェルター級統一戦「クロフォードvsスペンス」間近か?
  • 二人共大変前向きで、米地元では「10月か」「11月で最終調整」報道も
  • 俊敏クロフォードと強力スペンス。識者予想二分、SNSクロフォード優位

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

PFPランキング最新ボクシング【2022年9月】井上・ウシク・井岡は?

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.